TRYVIEW

海外のミリタリー関連の情報やニュースを掲載しています

特殊部隊

KSK ドイツ連邦陸軍特殊作戦師団隷下旅団級特殊部隊 Vol.3

KSK ドイツ連邦陸軍特殊作戦師団隷下旅団級特殊部隊

(Photo from:S’engager Pour La Vie on Instagram: “Militaire allemand du KSK équipé d’un Hk.G36)

Kommando Spezialkräfte (Special Forces Command)は略称KSKと呼ばれる、ドイツ連邦軍の部隊から選抜された特殊部隊。

陸軍の特殊作戦師団(Rapid Forces Division)の元で組織されたエリート特殊部隊で、戦争、偵察、テロ対策、救助や避難、および軍事的なサポートに焦点を合わせて設立された旅団級の特殊部隊です。

バーデン=ヴュルテンベルク州のカルフ、グラフツェッペリン兵舎に通常は配備されています。

その設立にはイギリスの特殊部隊SAS、アメリカ特殊作戦群、および連邦警察のGSG9がモデルとなっています。

その活動内容からKSKはNATO、米国およびその関連企業から多くの受勲や表彰がなされ、2001年からは特に旧ユーゴスラビア、バルカン半島と中東での同時多発テロへの作戦に頻繁に参加しています。

その運営及び作戦内容は軍事機密であり、長い間その作戦内容は公開されていませんでしたが、世論や報道機関、連邦議会の批判から、連邦政府は不朽の自由作戦(略称:OEF)の任務期間の延長と引き換えに、一部情報公開を行うようになりました。(あくまでも一部であり、政府の許可したものだけとなる)

彼らの部隊のモットーは「Facit Omnia Voluntas (lat. The will is decisive)」(決め手は意思)。

 

(Photo from:German KSK operator rocking the Bundeswehrs new camo “Multitarn”)

歴史

KSKは1996年4月1日、4,100万ドイツマルクを提供し、第25空挺旅団(通称:黒い森)を基盤に発足されます。1973年から1996年にいたるKSKの結成までに、西ドイツ(および後のドイツ)政府は全てのテロ対策、および特殊作戦活動をGSG9に割り当てていました。この組織は1972年のミュンヘンで発生した人質事件の直後に創立された高度の訓練を受けた警察内の特殊部隊です。1973年以前は陸軍のFSLK200(長距離偵察部隊)や海軍の戦闘水泳中隊(フロッグマン部隊)、および特殊併記護衛部隊(1989年まで)が特殊部隊と同等の任務を担っていました。1996年のKSKは発足され、翌年の1997年にはKSKの活動の活性化に伴い、一部の偵察部隊を除いて解散、もしくは統合されることとなります。

KSKの設立の具体的な理由は1994年のルワンダでの大量虐殺中にドイツ市民がベルギーの指揮官の元、避難しなければならなかったという事実でした。この任務はベルギーの旧植民地勢力の特殊部隊によって実行されることがNATOとの協議によって決定していました。当時GSG9もゲリラ戦争の状況下での活動を想定しておらず、実行に必要な技術面の不足が浮き彫りになったため、結果的に参加することが出来なかったのです(介入拒否)。この後、NATOとの話し合いが進められ、1994年7月12日の連邦裁判所の判決により、連邦軍によるNATO地域外での軍事活動が許可され、前提条件として連邦議会の承認が必要なものの、軍の活動範囲は広がり、新たな役割の創出、対テロ対策KSKの創立につながる流れとなっていったのです。

KSKは全てのドイツ軍部隊と同様に、配備にはドイツ連邦議会の承認が必要です。部隊はヨーロッと海外の両方で数多くの対テロ活動に従事しています。現在明らかになっている活動には、コソボ、ボスニアヘルツェゴビナ、最近ではアフガニスタンでの作戦が含まれています。2001年からのアフガニスタン紛争中、名目上は不朽の自由作戦の指揮下の元にあったものの、KSKは2005年以降、国際治安支援部隊(略称ISAF)指揮下で任務に従事し、10月の自爆テロの為のアルカイダの武器保管庫への襲撃作戦の成功を含む、ドイツ軍が配備されたカブールの近郊で多くの作戦を実行しました。特定の任務については詳細は極秘とされており、その成功率や犠牲者の数は連邦議会の最高位のメンバーでさえ閲覧を制限されるほどでした。しかしこれらは前述したように、世論から一部開示を求められることに近年はシフトしていきます。

構成

1.組織

・KSKスタッフ

心理的サポート

言語サポート

・スタッフ及び隊員サポート中隊

・第一コマンド―中隊

・第二コマンド―中隊

・第三コマンド―中隊

・第四コマンド―中隊

・特殊コマンド―中隊

・特殊偵察中隊

・通信中隊

・サポート中隊

・補給・ハンドリング小隊

・整備小隊

・パラシュート・エアハンドリング小隊

・医療センター

・研究部門

・開発部門

2.実行作戦部隊

戦闘を実行する部隊は4つの中隊に分かれており、およそ100人の構成となっています。また特殊作戦部隊は通常、ベテラン隊員を配置し様々な支援活動を担っています。4つの中隊はそれぞれ5つの特殊中隊に分かれ、それぞれの適正に応じて独自の活動を行っています。

中隊の構成

・第一小隊:車両部隊

・第二小隊:空挺部隊

・第三小隊:水陸両用作戦部隊

・第四小隊:砂漠、ジャングル、山脈などの特殊な地理や気象を想定した作戦部隊

・第五小隊:偵察、諜報、狙撃、対狙撃作戦部隊

各小隊は4つのコマンド―部隊で構成されており、ドイツ軍から厳選された4人のスペシャリストから成り立っています。各部隊のメンバーはそれぞれ、武器、医療、エンジニア技術、またはコミュニケーションスキルを収めるための特殊な訓練を受けています。一部の部隊は重火器や言語の専門的な訓練を受ける等、その部隊に応じて必要な技術を習得しています。

3. 支援部隊

HQ&サポート中隊はドイツでの補給業務を行っています。

部隊の構成

・HQ小隊

・機器・兵器供給小隊

・梯形部隊

・食料供給部隊

・輸送小隊

・弾薬・給油小隊

通信中隊は3つの小隊に分かれ活動しています。

HQ&サポート中隊は作戦中のKSKのサポートを行い、それらを行うのは大きく分けて3つの部隊となっています。

・修理

・補給

・パラシュート装備

上記のそれぞれの中隊から構成されています。wpX Speed

(Photo from: KSK – Kommando Spezialkräfte German Special Forces)

選抜と訓練

近日加筆予定

装備

近日加筆予定

歴代指揮官

近日加筆予定

記章

近日加筆予定

ビジネスでのサイト運用に最適!月額290円(税別)からの「Z.com 高速レンタルサーバー」

出典:Kommando Spezialkräfte

出典:Kommando Spezialkräfte

出典:S’engager Pour La Vie on Instagram: “Militaire allemand du KSK équipé d’un Hk.G36

出典:German KSK operator rocking the Bundeswehrs new camo “Multitarn”

出典:KSK – Kommando Spezialkräfte German Special Forces

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です